Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

写真の構図とアングル

写真を上手に撮るには、絞りやシャッタースピードといった技術的なものや、レンズなどの知識も大事ですが、それと同じくらい大事なのが構図とアングルです。

構図・アングルとは

構図とは被写体をどのような配置で撮るかというものです。
右に寄せるのか左に寄せるのか、真ん中に置くのか。
空間をうまく使って広々感を出したり、より広く見せたり、奥行き感を出したり…。
一方アングルは撮影する角度のことです。
自分の目の高さだけでなく、下からのアングルで撮ってみたり、あえてハイアングルで撮影してみたり。

いい写真というのは、構図とアングルが素晴らしいものが多いです。
何の特徴もない風景でも、上手な構図とアングルで撮影すればたちまち活きた風景に変わるのです。
多少のセンスが必要な部分ですが、基本を抑えておけばそれだけで写真は見違えるようになります。

構図の基本

構図の基本は「三分割」「対角線」「日の丸」「二分割」の4点です。

三分割

「三分割」は画像を縦横それぞれ3等分したラインを意識した構図です。
カメラの画面に「井」という字を書いたイメージですね。
そのライン上や交差した点に被写体を配置することで、空間と被写体のバランスがグッと良くなり、見違えるようなバランスのいい写真になります。

対角線

「対角線」は、奥行き感を演出するときに利用します。
奥行きを出したい時に、左下から右上または右下から左上に向かって被写体をとらえてみてください。
写真に奥行きが出て立体的な写真が撮影できます。
また空間が広く感じ動きを演出することができます。

日の丸

「日の丸」はそのままで、真ん中に被写体をとらえる構図。
映したいものがはっきりしている場合に有効ですが、非常に単調になりやすく、ある意味誰でも撮影できる写真になってしまうので注意が必要です。
逆に日の丸構図で素敵な写真が撮れたら、それはあなたの技術によるところでしょう。

二分割

「二分割」は風景写真にピッタリな構図です。
写真を上下に分割して撮影することで、シンプルに表現することができます。
水平線や地平線を意識して構図をまとめると、開放感のある大きなスケールの風景写真が撮れます。
雄大な風景や圧巻の花畑などには最適な構図と言えますね。

アングルの基本

一方アングルは下目線、自分の目線、上目線の三つと、寄り引きです。
いつも自分目線ではどんなに素晴らしいカメラでも同じような写真しか撮れません。
あえて小人目線で撮ってみたり、あえて離れて望遠レンズで撮ってみることが大事。

そうすることで普段見ることのできない情景が撮影でき、新鮮で味わい深い写真を撮ることができます。
カメラの向きや撮る方向も大事ですが、自分が動いてみることで新しい発見が見つかります。
例えば人物を上から撮ると、その表情がより強調されます。
下から撮るとよりスタイリッシュに撮影することができます。

ページ先頭へ戻る