Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

露出補正の特徴と仕組み

カメラには露出補正という機能が付いています。
これはとても便利な機能で、手軽に明るさを決めることができます。
暗い場所では明るく、明るすぎる場所では暗くすることがボタン一つでできます。

プラス補正とマイナス補正

数値をプラス側にすると明るくなりますし(プラス補正)、マイナス側にすると暗くなります(マイナス補正)。
明るさが変わると写真の印象も大きく変わりますよね。
プラス補正した明るい写真は、柔らかくふんわりしたように見えますし、マイナス補正した写真はキリっとメリハリのある雰囲気になります。

また、暗いから明るくしたり、明るいから暗くするといった使いかたではなく、わざとに少し明るくしたり暗くしたりといった使い方もでき、より手軽に表現することができます。
真っ黒や真っ白な被写体を撮影するときにも役立ちます。

仕組みと注意点

露出補正はボタン一つで簡単にできますが、実はその仕組みは絞りやシャッタースピードの延長上にあります。
露出補正をプラス補正すればシャッタースピードが遅くなりボケやすくなります。
逆にマイナス補正すればシャッタースピードが速くなりボケにくくなります。

露出補正機能はそれらをボタン一つで手軽にできるようにした機能で、シャッタースピードを速くしてプラス補正するということは結局できません。

露出補正で一番やりがちな失敗が、プラス補正によるブレです。
写真を明るく撮影しようとしてプラス補正した場合、シャッタースピードが遅くなりボケやすくなる点に注意しなければいけません。

ページ先頭へ戻る