Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ISO感度の役割と特徴

カメラにおける「ISO感度」はどのような役割なのでしょうか。
ISO感度とは言葉で表すと「光を感じる度合い」のこと。
高感度ほど少ない光でも明るく撮影することができますが画質が劣化します。
ざらついたような仕上がりになりやすく、むやみのISO感度を上げるとデメリットのほうが大きくなってしまうので要注意。

ISO感度でどう変わる?

数値は高いほど高感度で、ISO100・ISO800・ISO3200などと表されます。
また、ISO感度はシャッタースピードや絞りとも大きな関係があるんですね。

具体的には、ISO感度を高くする、つまり高感度にするほどシャッタースピードは速くなり絞り込みやすくなります。
が、上記の通り画質が劣化します。
粒子が荒くなりザラザラした質感に仕上がってしまうんですね。
ISO感度は100や200が低感度、800以上が高感度というイメージで分かれています。

デジカメではオートでISO感度を合わせてくれるモデルが多く、こだわらない限りさほど気になるものではありません。
また設定で、上限値と下限値を設定できるものもあります。
特に気になる場面は、夜景を撮影するときでしょうか。
しかも三脚を使わず手持ちで夜景を撮影するときです。

このような時はISO感度を上げてやると上手に撮れますが、劣化との兼ね合いをうまく対応して撮影する必要があります。

ページ先頭へ戻る