Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

車両盗難・車上荒らしに狙われやすい車とは…

自分の車は高級車でもないし、人気のRV車でもないから大丈夫…と思ってはいないでしょうか。
実は時代とともに車両盗難に狙われやすい車種は変わってきているのです。

車両盗難に狙われやすい車TOP10

1位~ランドクルーザー
2位~ハリアー
3位~マークX
4位~クラウン
5位~ベンツ
6位~レガシィ
7位~セルシオ
8位~ハイエース
9位~スカイライン
10位~インプレッサ

2010年くらいの情報ですが、車両盗難に狙われやすい車のトップはランクルです。
これは以前から変わらず、海外でも人気が高いからです。
しかし全体的に見てみると、高級車や人気のRV車だけでなく様々な種類の車が盗難にあっているのが分かります。

車種がばらける理由

その背景には、高級車ほど防犯対策に力を入れているオーナーが多いことがあげられます。
また、最近は車両をパーツに分けてネットオークションでさばくといったことも可能なため、高級車ばかり狙う必要もなくなってきています。
より安全に盗める車を狙うという傾向が強くなってきてるということですね。

もちろんランクルやクラウン・セルシオ・ベンツといった車種は基本的には狙われやすいと言えますが、海外でも人気のハイエースやレガシィなども狙われやすいと言えます。
またマニアに人気のインプレッサ等のスポーツカーも狙われやすいと言えます。

車上荒らしでは軽やミニバンが危ない

車上荒らしでは近年、軽自動車やミニバンの被害が増えてきているようです。
社会情勢的に人気で数が多いということも要因にはありますが、それ以外にもまだまだありそうです。

まず高級車よりもセキュリティーを重視してないオーナーが多いこと。
そして車両の価格やグレードに関係なく、高価なナビやオーディオが付いてることが多いということ。
この2点が最も大きいと思われます。

また、ETCカードが狙われるケースも多くなっています。
抜き差しが面倒だからといって差しっぱなしにしているオーナーも多く、万が一ETCカードが盗まれればクレジット機能によりさらに大きな被害額になってしまいます。

ETCカードは車外から見えない場所に設置したり、面倒でもなるべく抜いておくことが大切ですね。

ページ先頭へ戻る