Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

超小型ビデオカメラの種類

当店で取り扱っている超小型ビデオカメラには、様々な種類があります。その代表的なものを紹介していこうと思います。

ペン・ボールペン

ペンの形をした超小型ビデオカメラは、一見するとただのボールペン。
でも実はカメラというもの。
胸ポケットにさして使えるのが大きな利点で、あるべきところにあれば全く気付かれません。

時計

時計の形状をした超小型ビデオカメラには、腕時計・置時計・壁掛け時計などがあります。
腕時計はどこでも違和感がないのがメリット。
置時計や壁掛け時計は室内なら全く違和感がなく、固定されてるので高画質な映像を撮れます。

充電器

いわゆるモバイルバッテリーの形をした超小型ビデオ。
スマホやアイフォンなどを外出先で充電できるもので、スマホ・アイフォンがあれば持っていても何の不思議もありません。
実際に充電できる超小型ビデオカメラも多くあります。

キーレス

車のキーレスの形状をした超小型ビデオカメラで、車を持っている人が違和感なく持つことができます。
カギをつけていれば全く撮影機器には見えません。

ライター

100円ライターの形をした超小型ビデオカメラ。
愛煙家にピッタリで、タバコとセットに置いてあれば、まさか撮影できると思う人はいませんよね。

メガネ

まさに見たまま録画をすることができる超小型ビデオ。
フルハイビジョンなら高画質な映像を見たまま残すことができます。
両手が空くのが大きなポイントです。

フック

壁に物をかけるためのフックの形をした超小型ビデオのことです。
壁に固定できるので全くブレずに高画質撮影ができ、お部屋に付いてても何も違和感がありません。

火災報知器

天井に付いてる火災報知機の形状をした超小型ビデオです。
設置が義務付けられたので余計に違和感なく撮影できます。
天井なので上からの映像になり、全体を撮影するのに適しています。

電球

そのままですが電球の形をした超小型ビデオカメラ。
ソケットに差すだけで電源をとれるのがメリットですが、部屋の照明に電球を使ってる人はいないので、廊下などに最適な形状と言えます。

USBメモリ

携帯性に優れ小さなボディが魅力の超小型ビデオ。
今や多くの家庭でパソコンが普及しているので、どんな人が持っていても全く普通です。

ボタン

まさにスパイカメラと言わんばかりのカモフラージュ性。
服のボタンが超小型ビデオカメラになっています。
自分の正面の撮影に適しておりますが、他のボタンとの兼ね合いが重要に。

ミントケース

フリスクなどの形をした超小型ビデオカメラ。
よく口にする人なら余計に自然に持ち歩くことができます。

帽子

キャップに超小型ビデオカメラが仕込まれているタイプ。
いつもキャップをかぶる人なら自然に撮影することができます。
目線に近い高さと正面を撮影できるのが大きなポイント。

アダプター

コンセントの近くによく置いてある、黒いあのアダプターです。
隠して置いておくのが普通なので、よりリアルに隠しカメラを設置することができます。

ページ先頭へ戻る