Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

車のいたずらや盗難に保険は適応するのか

車の防犯対策グッズは様々な種類があり、また専用のカーセキュリティーショップもあり、対策を施せば盗難やいたずらはかなり防げます。
しかしながら絶対にやられないとは言えず、犯罪者とのいたちごっこな感は否めません。
そこで最後の砦として保険があるのです。

車両盗難と車両保険

盗難にあった場合、車両保険である程度は保障してくれます。
でもその金額は基本的に「時価」による計算。
盗まれてしまったからって、同じ車を新車で買えるほどの保証はしてくれません。
車の価値は新車時から年々下がっていきます。
この辺が車両保険未加入者が多い理由の一つでもあるのでしょう。

車両保険は保険料が高いため、新車で購入した車には入っても中古車を購入したときは入らない人が多いです。
でも盗難のことを考えれば入るのがベスト。
様々な条件によって割引になるお得な保険もあるので、無理のない範囲で入っておけば万が一の時も安心です。

車を3台以上所有していたり、家族や夫婦限定、イモビライザー付きなどの場合は保険料が安くなる保険が多いです。
逆に車種によっても保険料が変わるのをご存じでしょうか。
車両料率クラス」というものがあり、過去にその車種にどれだけ保険料が支払われたかによって保険料が変わるのです。

ランクルなどの盗難の多い車種は保険屋さんとしてもリスクの大きい車種なのでその分保険料が高く、逆に盗難の可能性の低い車種は保険料が安くなります。
もちろん盗難だけでなく、事故による保険料も換算されています。
スポーツカーは事故率が高いので保険料も高く、軽自動車やコンパクトカーは事故が少ないので保険料は安くなります。

いたずらと車両保険

いたずらによって被害にあった場合も保険は適用されます。
ただし基本的には警察への被害届が条件になります。
盗難の場合はほぼ全員が警察に届けると思います。
しかし10円パンチなどの場合、警察に届けるべきなのか分かりにくいもの。
「たかがいたずら程度で警察に届けるのも…」と考えてしまいがちですが、保険で直したいなら被害届は必ず提出しましょう。

保険屋さんもその傷がいたずらによるものなのかが分からなければ、お金を払ってくれない可能性もあります。
極端な例をあげれば、自分でわざとに傷をつけて保険できれいに直してもらうということをする人もいるわけで、保険屋さんとしてはそのようなものにお金を払いたくないわけです。
なので警察への被害届がないと保険が適応されない場合があるのです。

ただし必ずしも保険を使うほうがいいとは言えません。
保険の種類が多くあるので一概には断定できませんが、保険を使うことで等級が下がれば保険料も上がるので、修理代金によって熟考する必要があります。
また、いたずらや飛び石・台風の被害など相手が特定できないものは、保険を使っても等級への影響が据え置きになる場合もあります。
この場合、翌年度の等級は上がりも下がりもしないというものです。
いざというときに慌てないよう自分の保険がどのようなものなのかを確認しておくことも大事なことですね。

ページ先頭へ戻る